プロフィール

エルサイス

  • Author: エルサイス
  • Server: Sirius(JP1)
  • Class: Elf
  • Lv: 70
  • Element: Fire
  • Clan: MusicStar
過去の記事

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
RSSフィード
カレンダー
09月 « 2017/10 » 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--)】 | Trackback(-) | Comments(-)
エルフの共通魔法・その1(範囲魔法編)
Lineageの世界にはいくつかの魔法及びスキルが存在します。

主にウィザードが使える 共通魔法
君主が使える 君主魔法
ナイトが使える 技術
ダークエルフが使える 闇の精霊魔法
そしてエルフが使える 精霊魔法 です。

エルフは上記のうち、
「精霊魔法」と「Lv6までの共通魔法」を行使することが可能です。

今回はそのLv6までの共通魔法のうち、
Lv3及び4に存在する範囲攻撃魔法にスポットを当ててみようと思います。



--- Lv3範囲攻撃魔法 ---

■ライトニング

消費MP/HP: 20/0
射程: 6
範囲: 術者の前方に最大7×6セル
攻撃力: 高

エルフの攻撃魔法と言えばこれ1択とも言えるほど
範囲と攻撃力に優れた風属性範囲魔法です。
行使の際のコツとしては魔法の方向性を意識すること。
具体的には、魔法エフェクトが斜め方向に射出されるように撃ちます。

ライトニングの射程
つまりこういうカタチでエフェクトが出るように撃つわけです。
キャラクタと1セルの位置にあるアデナを狙って射出しています。
タウンマスターが仰け反り状態になっているのがわかるでしょうか?
この位置からでも斜めに射出した場合は効果範囲に入るわけですね。

ちなみに上下左右方向に対しては範囲はないに等しいです。
ちゃんとした検証はしてないですが・・・。


■フローズンクラウド

消費MP/HP: 20/0
射程: 6
範囲: 対象を中心に3セル
攻撃力: 低

Lv3で広範囲にダメージを与えられるため、
アルティメットバトルでブランクスクロールに
詰められているのを良く見かける水属性範囲魔法です。

行使の際には、確実に爆心地にいるモンスターを狙うようにすること。
また範囲が広いのであてやすいのはいいのですが、
威力が非常に低いので(※)
モンスターの数に応じてアースジェイルと、
弱点属性に応じてファイアーボールと使いわけるのがよいでしょうか。

※ライトニングの1/2~1/3くらいのようです


--- Lv4範囲攻撃魔法 ---

■アースジェイル

消費MP/HP: 24/0
射程: 6
範囲: 対象を中心に2セル
攻撃力: 中

範囲はフローズンクラウドやファイアーボールに劣りますが、
威力はその2魔法に比べ優れており、
また命中の際には仰け反りモーションが2回出るため
使い勝手は悪くない地属性範囲魔法です。

ライトニングは前方にしか攻撃判定がないため、
周囲に群がったモンスターを一掃するにはこちらの方が便利です。
とは言え、威力的にはライトニングに比べて圧倒的とも言える差があるため、
実際に雑魚を一掃するのなら
ちょっと引いてからライトニングを撃った方が
確実でかつ消費MPも少ないのですが・・・。

アースジェイル


■ファイアーボール

消費MP/HP: 24/0
射程: 6
範囲: 対象を中心に3セル
攻撃力: 低

フローズンクラウドと類似した特性を持つ
火属性範囲魔法です。
威力的にはフローズンクラウドとほとんど変わりがなく、
範囲は同魔法と同じです。
消費MPの面を考えると、こちらを使うことはあまりないかもしれません。
リネージュというゲームは火属性弱点のモンスターが多いので、
そのあたりを狙って使われることはあるかもしれません。



総合すると、通常の狩りではライトニング1択です。
属性防御の有無など吹き飛ばしてしまうくらいに
他範囲攻撃魔法とのダメージ差は歴然としています。
使い方を理解していれば有効効果範囲も
ファイアーボールなどに負けないほど広いですしね。

PTハントやUBでFAを入れるには
フローズンクラウドかファイアーボールを使うのがよいでしょう。
個人的にはUBならF-C(ブランクスクロールの値段)、
PTならファイアーボール(命中したかどうかが他メンバーからもわかりやすい)を推します。

アースジェイルは周囲にモンスが群がることがわかっているとき。
ただしハイネケイブは範囲有効モンスが2セル射程のため、
後方のモンスにヒットさせられないため出番はありませんが。
昔はライトニングよりこっちと言えるほどに威力が高かったらしいんですけどねぇ。



とりあえず範囲魔法はこんなもんでしょうか。
エルフが行使できるだけでも4種類もあって、
それぞれ属性だけでなく特性も違うものなので選択しがいがあります。
(と言っても前述の通り、普通に使うのはライトニングのみですが)

機会があったら単体攻撃魔法や確率魔法も見てみたいと思います(´ー`)


Lineage[仕様考察] | 【2006-12-28(Thu)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。